読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lifelet*

日々のこだわりとシェアハウスと、らいふれっと。

HoloLensアプリ開発のために自作PCを組んだ

動機

f:id:Mayu_mic:20170302231250p:plain

HoloLensの先進性に感動してうっかりDevelopment Edition なのに買ってしまったんだけど、Macbook 12以外のPCを全て売り払ってしまった後だったのでこのままだと Develop 出来ねえ!どうせなら VR 開発とか DeepLearning とか色々やりたいなと思った。

あとはコンシューマゲームの互換性問題にほとほと疲れて*1実はゲームやるのにWindowsコスパ良いのでは?と考え始めたところだったりもする。

選択

「イベント時に持ち運べるような小型デスクトップPC」というのを当初から考えていた。

いわゆるゲーミングノートの類は、昔VAIOワークステーションノートを使っていた時の扱いづらさ(爆音&爆熱)でほとほと懲りたので早々に考慮から外した。デスクトップのメンテナンス性からくる安心感には勝てない。

BTOとは最後まで迷った。ハンドルついてるのいいなと思った。

www.g-tune.jp

結局コスパよりこだわりが優って自作することにした。

構成

全部で26万くらい。5万を超えるグラボを買う奴はアホだと思っていた時期が僕にもありました。Windows 10 Pro なのは HoloLens のエミュレータHyper-Vを要求するので。

ちなみに NCASE M1 が売ってたツクモで全部買った。

自作

f:id:Mayu_mic:20170129191549j:plain

とにかく NCASE M1 の出来が良くて感動した。海外の自作オタがクラウドファンディングで資金を集めて作ったというだけあって、スマートで質実剛健かつ創意工夫のしがいがある本当に組んでて楽しいケースだった。高いだけの価値はあった。

3.5インチHDDなんてどこに入れる余裕があるんだろうと思ったけど普通に2台くらい積めるっぽいので、もうSLIを組んだりNASのようなものを作るのでない限り Mini-ITX 以外を選ぶ理由はないと思った。素晴らしい。

あとは M.2 SSD が楽だった。早くHDD積まなくてもいい世界が来て欲しい。

持ち運び

f:id:Mayu_mic:20170204223704j:plain

ハクバのカメラケース SLD-LG-SBLBK が専用品かと思うくらいちょうど良かった。

正面のポケットにキーボードとHDMI電源ケーブル。脇のポケットにマウスとXbox Oneコントローラーを入れてる。

ちなみにソフトキャリーに入れて持ち運んだこともあるけどマザーボードを止めるネジが外れて泣きそうになったのでオススメしない。

気づいたこと

まとめ

SteamとOculusストアを漁り始めて無限に時間が吸われているのでなんとかしたい。

*1:ゲームよりもコントローラーの相互互換性が無いのが辛い

試験的に在宅勤務をしてみて思ったこと

水曜日に試験的に在宅勤務を行なってみたので以下メモ。

前提

  • データ解析業務
  • そろそろ3年目のスタートアップ(20人弱)
  • 業務の9割5分くらいが個人で完結
  • 最近職場で在宅勤務のガイドラインが出来た
    • 今まで決して在宅勤務が出来なかったわけではなく、そもそも職場で仕事をしなければいけないという決まりが無かっただけなんですが、その辺ゆるくガイドラインが出来た感じです。

動機

  • 今住んでる家(シェアハウス)から職場が遠い。(片道2時間)
  • しかし実家と職場が比較的近い(45分)ので、月曜日に実家に帰り金曜日に家に帰る生活を半年続けた。
  • 正直しんどい

正直しんどい理由は単純に移動時間が長いのもそうだけど、平日にゲームやらVR開発やらDTMやらやりたいと思って必要なものを持っていくと荷物がクソ重くなるし、持っていかないなら持っていかないで実家と職場をただ往復する毎日になってしんどみが止まらなく、ただただ職場の移転を願い続ける毎日だったのですが、ここのところ社内で在宅勤務を選択する人が多く、これで良い方向に転べばなーと思ってとりあえずやってみた。

準備

メインのおしごと環境は Docker 上でほぼ完結しているので、事前にDocker Repository を社内PCに立てて push & pull で会社支給のMacbook Pro 上に展開しておく。環境以外の解析に必要なデータなどは別途 rsync でコピーを行う。これだけで本当に遜色なく仕事できた。やばい。

実のところ職場で支給されている外部モニターがトラブルだらけだったので基本的に外部モニターの類は一切使っておらず、 Macbook Pro 15inchとssh先の Ubuntu Server だけで解析業務や資料作成まで全て行なっている。この辺りマルチディスプレイや外部キーボードなど盛り盛りな環境で仕事してたらめんどくさいんだと思う。

リモート先の仕事環境

家でやる。自室からはワークデスクを排除してしまったので、リビングで仕事する。

自室ではないので掃除から入る必要があり、ぶっちゃけ通勤時間がそこで相殺されてるような気がするんだけど、まぁみんなが使う空間なので良しかなと。

使ってる椅子はこれ。悪くない。ていうか値段の割にかなり良い。

コーヒー

やっぱコーヒー淹れられるのが良い。

職場に簡易的なコーヒーセットは置いてるけども、やっぱりちゃんとしたドリッパーで淹れたい気持ちはある。良い豆が欲しくなる。

コミュニケーションについて

自分は考えてる時に独り言を言うタイプだったことを思い出しました。気兼ねなく独り言を言えることがこんなに楽なんて!

反面気軽に人に聞けないというアレはあるんですが、そんなに緊急性が高いものもないので、要点をまとめて後日聞こうという心がけが自然に出てきて結果的にお互いの時間が節約できて良いとおもいますね。

昼飯

平日昼に地元にいることなんてないので、地元でランチが食えるのが新鮮。

わかき行った。

職場が田舎すぎてランチの選択肢が3つくらいしかないので、在宅の方がずっとクオリティが上がるし、何のために東京に高い家賃を落としていたのかと考えたら自然と涙が出てきますね。

思ったこと

やっぱり自分の家で過ごせる時間が増えるだけで職場と家の往復感がぐっと減るのでストレスがない。

なんだか新鮮な気持ちになって、今まで頭にあったけどめんどくさいなーと思って放置してたslackのbot作成なんかもサクッとやってしまったり、普段の業務をもっと大きな観点から見られるという意味で良いなと思いました。

逆に進捗圧は薄くなるので、ケツに火がついている場合は向かないかもしれない。その辺も含めて進捗コントロール&コミュニケーションを普段から行なっておく必要はあると思う。

まとめ

かなり特殊な事例なんで参考にならないかと。少なくとも僕の業務内容で言えば自宅勤務を選択できることはメリットしかないのでどんどん在宅勤務すればいいと思うし、そうなって欲しいと思った。

今年買って良かったもの2015上半期 (非デジタル編)

マネークリップ (STORUS MoneyClip)

長年使っていたPORTERの折りたたみ財布が壊れ、間に合わせでドン・キホーテで買った長財布を使っていたが、カバンに占める体積と中のガジェットを傷つけるのが嫌で、思い切って財布を捨てることにした。STORUS MoneyClipはマネークリップとしては異色で、裏に5枚ほどカードを固定出来る溝があり、クレジットカードやキャッシュカード、健康保険証など最低限必要なカードをお札と一緒に入れておくことが出来る。別持ちにした鍵も含めてカバンのサブポケット内に全て収まるし、これとおサイフケータイだけで手ぶら外出してもOK。本当に快適なのでオススメ。


メルクール334C


普段使っている3枚刃カミソリのランニングコストが気になっていたところ、1枚刃カミソリが凄いという話を聞いて興味半分で購入。

購入に関しては海外のサイトから輸入した。以下のサイトに懇切丁寧に書かれていて非常に参考になった。


1枚刃の特徴としてはもちろん替刃のコストパフォーマンスが良いということ。僕はメルクール純正の替刃を利用しているけど、30枚セットで3000円。フェザー製はもっと切れ味が良くて1枚50円くらいと更に安価なので、いずれ試してみたい。いずれにせよ切れ味が落ちたら気軽に交換できるので肌にも優しい。

ホルダーもちょっとした高級感があり、刃をセットする時間から剃って、お手入れして仕舞うに至るまで、髭剃りを単なるルーチンワークからちょっとしたクリエイティビティな営みに変えてくれる。

上で紹介されているLUSHのシェービングフォームを利用していたが、血が出まくったのと入手性を考えて今は無印のホホバオイルを使っている。今のところ出血もなく長く使えるので非常に良い。

セラブレストゥースジェル

セラブレス セラブレストゥースジェル 113g

セラブレス セラブレストゥースジェル 113g


1つ2000円の歯磨き粉。これは凄い。主に口臭に効果があると聞いたのだけど、口臭以外にもトータルで効果がある。定期的に歯と歯茎の間から神経が露出して痛かったんだけど、これを使い始めたら全くそれが無くなった。ストレスが軽減し、医者にかかるお金も節約出来て本当に素晴らしい。もうこれ以外考えられない。

Newbalance M990


京都に旅行へ行った時に大雨に降られ、ぬかるみを安スニーカーで歩いて足がボロボロになった経験が嫌すぎて購入。以後、自転車での通勤だろうが旅行だろうが何も考えずにこればかり履いている。上位型番と比べてことさら履き心地が優れているわけではないものの、あのスティーブ・ジョブズも愛用したというクラシックなモデルは信頼感が持てる。余裕が出たらもう1足色違いで欲しい。

DELFONICS インナーキャリングS

デルフォニックス インナーキャリングS ブルー

デルフォニックス インナーキャリングS ブルー


旅行の際に持ち運ぶガジェットの充電器やケーブルなどをまとめて持ち運ぶために購入。緊急用バッテリーのAstro M3を入れて通勤にも利用している。

内ポケットが多くて仕分けがしやすいのが特徴だが、絶妙なサイズ感もオシャレな色も、何より触った感触もお気に入りで毎日のお供になっている。